記事の詳細

妊娠中は別して自分だけでなく赤ちゃんを守るという使命があるので、エネルギーを荳肴駐不屈と蓄えておかなければなりません。脂肪の役割とはそもそもなんでしょうか?エネルギーの貯蔵庫としての役割が脂肪にはあり、さらに断熱材やクッション材としての役割もあります。

ほとんどが人類の歴史は、飢餓との戦いでした。太っている人は男性でもいますが、脂肪が女性の方が、つきやすく、余分な脂肪に悩んでいる人は太っているとまでいかなくても、無数です。

ですから、女性の場合は激甚運動をしたときにも、急激におなかがすいて食欲が旺盛になることがあります。女性は、大切な役割を子どもを産むというイベントを持っていますよね。

男性よりも女性の悩み、という感じがダイエットというとしますよね。子どもは男性には産めません。

実は、女性に脂肪がつきやすいということとこのことが、密接に関係しているんです。ですから、飢餓にそなえて生命を維持するために、エネルギーを蓄えておくのが、脂肪の役割です。

ほんの数十年のおなかいっぱい、不自由なく食べられるようになったのは話です。脂肪は、女性の方が男性よりもつきやすいと言われています。

それは、なぜでしょうか?女性特有の役割にその理由はあります。女性の方が食べ放題やバイキングに行くとよく食べることがありますが、あれは、目の前にある食べ物を残さず食べようと女性の方が、するからだそうです。

食べられるときにがっしり食べて、いつか来るかもしれない飢餓のために、エネルギーを蓄えておこうとするのですね。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る